カテゴリー別アーカイブ: ヨガマットの選び方~素材別~

素材の種類
ヨガマットの選び方~素材別~
ヨガマットの素材の種類
ヨガマットには、色々な素材でできており、その素材によって、 しっとりしたものや、ふわふわしたものなど、質感やグリップ力、 ニオイなどが異なります。 ヨガマットを選ぶ上で、素材も大きなポイントになってきます。 ご自分の体質やヨガスタイルに合わせて素材を選ぶと良いと思います。 続きを読む
PVC(ポリ塩化ビニル)
ヨガマットの選び方~素材別~
PVC(ポリ塩化ビニル)素材のマット
PVC素材は、一般的な合成樹脂(プラスチック)の1つで、塩化ビニル(クロロエチレン)を 重合したものです。 スポンジ状に気泡が繋がっているため、水洗いすると水が奥まで染み込み、 乾きにくい、という性質があります。 続きを読む
PER(ポリマー環境樹脂)素材のマット
ヨガマットの選び方~素材別~
PER(ポリマー環境樹脂)素材のマット
PER(ポリマー環境樹脂)は、焼却してもダイオキシン等の有害物質を発生しない エコ素材です。 グリップ力、重量などの特徴的な性質はPVCマットとほとんど同じです。 PVCマットとの違いは、エコ素材であること、プラスチック臭が少ないこと、 水洗いできるものが多くでていることです。 続きを読む
TPE(熱可塑性エラストマー)素材のマット2
ヨガマットの選び方~素材別~
TPE(熱可塑性エラストマー)素材のマット
TPE(熱可塑性エラストマー)は、常温ではゴム的性質を持ち、 高温では軟化して流動性の物質になる高分子材料です。 プラスチック加工機で容易に成形することが可能なため、 リサイクルが可能なエコ素材です。 続きを読む
EVA(エチレン酢酸ビニルコポリマー)素材のマット
ヨガマットの選び方~素材別~
EVA(エチレン酢酸ビニルコポリマー)素材のマット
EVA(エチレン酢酸ビニルコポリマー)は、TPEと同じく熱可塑性エラストマーの一種で、 発泡体であり、塩素等のハロゲン成分を含まず、 焼却してもダイオキシンを発生しないエコ素材です。 TPEと違う点は、熱に強いということです。ただし、熱湯は厳禁です。 続きを読む

Sponsor LINK!

  • 甚目寺 ヨガ「ヨガ」「リトモス」「ズンバ」など人気のプログラムが充実!高品質なプログラム満載!
  • ヨガ 千里中央女性に人気!ヨガも充実&女性専用サーキットジム『ボディキュッと』併設!