ウジャイ呼吸法(勝利の呼吸法)

YogaYoga / RelaxingMusic

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 – 継承 2.1 日本 ライセンスの下に提供されています。

ウジャイ呼吸法とは?

ウジャイ呼吸は、胸式呼吸の1つで、
アシュタンガ・ヨガを行なう上では、基本の呼吸法です。

「ウジャイ」とは「力の支配」という意味で、「勝利の呼吸」とも呼ばれており、
呼吸によって気の流れをコントロールする呼吸法です。
「ウジャイー」「ウジャーイ」と呼ぶこともあります。

ウジャイ呼吸法を行なう時のポイント

朝夕の1日2回がベスト

基本的に、時と場所を選ばずに行なえる呼吸法ですが、
一番ベストは、「朝起きてすぐ」と「夕日が沈む時間」です。

朝は、1日がスタートする大切な時間です。
「朝起きてすぐ」に行うことで、体が目覚め、やる気を起こさせてくれます。
できれば窓を開けて、新鮮な空気と朝日を浴びながら行うとよいでしょう。

夕方になると、1日に疲れが出てくる時間です。
「夕日が沈む時間」は、リラックスできる時間帯なので、
1日の疲れを癒すのによい時間です。
冬場なら16時~17時頃、夏場なら18時~19時頃です。
この時も、窓を開けて新鮮な空気を取り込みながら行いましょう。

寝つきが悪い、不眠症の時は就寝前に

精神的に不安定な時や、悩み事などを抱えている時は、なかなか寝付けないことも。
そんな時は、寝る直前にウジャイ呼吸を10~15回程行うと、
眠りの質が上がってぐっすりと眠れるようになり、不眠症も緩和します。
シャバアーサナのポーズで行うと、自然と眠りにつきます。
シャバアーサナのポーズは、ベッドや布団の上に仰向けに寝て、両手・両脚を少し開き、
手の平を上に向けて全身の力を抜きリラックスします。

ウジャイ呼吸法を行なう時の注意点

満腹時は避ける

食べてすぐに行うのは避け、食後3時間は空けましょう。
軽食でも2時間は空けるようにします。

お香や香水は避ける

よく、香りを楽しみながらヨガをしたい、という方もいらっしゃいますが、
お香を焚いたり香水をつけた状態で呼吸法を行なうと、喉に負担がかかります。

アロマを焚くこともできるだけ避けた方がよいでしょう。
腹式呼吸法などリラックスを目的に行う場合は、
アロマを焚いたりする事もありますが、
ウジャイ呼吸法は、匂いが無い方が呼吸法の効果も高まります。

どうしてもアロマを焚く場合は、きちんとした指導者のもと、
適切なアロマオイルと用法・容量を守った上で行ないましょう。

ペットや動物のいる所では避ける

呼吸法を行なう時は、目を閉じて自分と静かに向き合います。
当たり前ですが、静かな環境が望ましいのです。
動物はとても癒されますが、鳴いたり、そばに寄ってきたりしますので、
呼吸法を行なう上では最適な環境とは言えません。
また、毛が飛んで吸い込んでしまうこともあります。
動物を飼っている場合は、別の部屋で行ないましょう。
部屋を掃除して清潔にしておくことも大切です。

ウジャイ呼吸法の効果・効能

  • 自然呼吸よりも深く強い呼吸ができるようになり、身体の内側の細胞の至るところまで呼吸を浸透させることができる
  • 精神を安定させ、深いリラックス効果を得て心と体を癒す
  • 体を温める
  • 不眠症の改善
  • 体内の毒素をより多く外に排出する
  • 血流をよくし、血栓などの滞りを緩和する
  • 内臓系の器官の活性化

ウジャイ呼吸法のやり方

呼吸は、鼻から吸って鼻から吐きます。
吸う、吐くの長さは均等にして、
息を吐く時も吸う時もお腹をへこませた状態で行ないます。

まず、口を閉じたまま舌先を巻きます。
鼻から空気を吸うとノドの後ろのほうの気管を通って肺に送られますが、
ノドを狭めてその気管を細くするイメージで、腹圧をかけて吸います。
ノドの奥を「スゥースゥー」と、空気が通る音がします。
その音に集中することで、意識が高まっていきます。

入ってくる空気を細めた気管で温めて、温めた空気を各器官に送ることで、
内臓の働きを良くします。

ウジャイ呼吸法を繰り返し実践することで、
毎呼吸、ノドで空気を吸っていることを感じ、
全身の細胞に呼吸が浸透していくことを実感することができます。

初めての練習では、「スゥー」という音を強めにするように行ないますが、
無理に音を出して逆にノドを痛めることもあります。
1度ウジャイ呼吸法をマスターした後は、わざと音を出す必要はなく、
音を出すということよりも、呼吸を感じることが大切です。

次のページでは、「ハタ呼吸法」についてご紹介します。

             NEXT >> ハタ呼吸法

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

このカテゴリの記事一覧

Sponsor LINK!