ヨガマスター≪YogaMaster≫へようこそ!

Stimulus studioStimulus studio / giena.lt


はじめまして!
『ヨガマスター』へお越しいただきありがとうございます。
当サイトは、ヨガの知識、実践方法、体験日記など、
ヨガの魅力をたっぷりとお届けするサイトです。

ヨガの歴史は古く、はるか4500年も前からその起源を持つと言われています。
そのヨガは21世紀にも受け継がれ、多くの人々の生活に寄り添い
心身の健康と美容に役立ってきました。

一慨にヨガといっても、種類や思想、それによって得られる効能は様々です。
この『ヨガマスター』では、これからヨガを始めようと思っている方や、
ヨガについて詳しく知りたい方のために、ヨガについて分かりやすくご紹介しています。

ヨガを始めようと思っていても中々踏み出せない方、
どのスクールに通ってよいか分からない方も、
このサイトを見て、その一歩のきっかけになっていただけたら幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on Facebook

最新記事

ヨガマットの選び方~素材別~
EVA(エチレン酢酸ビニルコポリマー)素材のマット
EVA(エチレン酢酸ビニルコポリマー)素材のマット
EVA(エチレン酢酸ビニルコポリマー)は、TPEと同じく熱可塑性エラストマーの一種で、 発泡体であり、塩素等のハロゲン成分を含まず、 焼却してもダイオキシンを発生しないエコ素材です。 TPEと違う点は、熱に強いということです。ただし、熱湯は厳禁です。 続きを読む
ヨガマットの選び方~素材別~
TPE(熱可塑性エラストマー)素材のマット2
TPE(熱可塑性エラストマー)素材のマット
TPE(熱可塑性エラストマー)は、常温ではゴム的性質を持ち、 高温では軟化して流動性の物質になる高分子材料です。 プラスチック加工機で容易に成形することが可能なため、 リサイクルが可能なエコ素材です。 続きを読む
ヨガマットの選び方~素材別~
PER(ポリマー環境樹脂)素材のマット
PER(ポリマー環境樹脂)素材のマット
PER(ポリマー環境樹脂)は、焼却してもダイオキシン等の有害物質を発生しない エコ素材です。 グリップ力、重量などの特徴的な性質はPVCマットとほとんど同じです。 PVCマットとの違いは、エコ素材であること、プラスチック臭が少ないこと、 水洗いできるものが多くでていることです。 続きを読む
ヨガマットの選び方~素材別~
PVC(ポリ塩化ビニル)
PVC(ポリ塩化ビニル)素材のマット
PVC素材は、一般的な合成樹脂(プラスチック)の1つで、塩化ビニル(クロロエチレン)を 重合したものです。 スポンジ状に気泡が繋がっているため、水洗いすると水が奥まで染み込み、 乾きにくい、という性質があります。 続きを読む
ヨガマットの選び方~素材別~
素材の種類
ヨガマットの素材の種類
ヨガマットには、色々な素材でできており、その素材によって、 しっとりしたものや、ふわふわしたものなど、質感やグリップ力、 ニオイなどが異なります。 ヨガマットを選ぶ上で、素材も大きなポイントになってきます。 ご自分の体質やヨガスタイルに合わせて素材を選ぶと良いと思います。 続きを読む
基礎知識
ヨガマットの必要性
ヨガマットの必要性
では、なぜヨガマットが必要なのでしょうか? それは、次のような目的があります。 ・身体を保護するため ・ポーズを取った時に手足がすべるのを防ぐため ・汗を吸収するため ・床からの冷え込みを防ぐため 続きを読む
基礎知識
ヨガマットとは?
ヨガマットとは?
ヨガマットとは畳み1畳ほどの大きさのマットで、 ヨガを行なう時は、必ずヨガマットを敷くことが基本です。 ヨガマットがどうしても用意できない時は、 大きめのバスタオルなどを重ねて代用できます。 続きを読む
ヨガの呼吸法
マントラ呼吸法
マントラ呼吸法
マントラ呼吸法は、呼吸をしながら2つのマントラ(言葉)を頭の中で唱えます。 他の呼吸法と違い、呼吸に集中する変わりに、頭の中で唱えた二つの音に集中します。 すべての意識を、言葉の音に集中させることで雑念を追い払い、 心をクリアにする呼吸法です。 続きを読む